AMP対応は必要か

1 min 17 views

まずは、AMPの説明をしていきます。

AMPとはAccelerated の略でAMP(アンプ)と略されます。

概要としては,モバイルでも高速にWebサイトを表示させるためのフレームワークです。

ではなぜ早くなるかと言うと遅くなる要素、独自Javaスクリプト、スタイルシートをを禁止してサイトを表示する最低限のHTMLのタグしか使用できません。
まあ、早くなって当たり前の技術?節約技です。

ではメリット、デメリットを考えていきましょう。

■メリット
・サイトの表示速度が向上する
・ユーザがストレスなく観覧出来る

■デメリット
・AMPでページを見るとどのサイトも同じようなデザインになる
・コンテンツを中心に打ち出すので、画像・スタイルなどのデザイン系サイトには向かない

コンテンツが中心でできる限り多くの人に見てもらいたいサイトにはいいかもしれません。

さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事