UML ユースケース図の書き方

1 min 20 views

ユースケース図は、システムが外部から見たシステムの機能を表現する事が出来ます。
使用する目的としては、システムの内部とシステムの外部の境界を明確にすることが出来ます。

要素名称内容 
 ユースケース システムの機能を示す
アフタ システムを使用する人や外部システムを示す
 関連 直線でアフタ、ユースケースを結び関連を示す

実際の使用例


今回は、自動車の販売・購入のシステムをユースケース図であらわしてみます。

上記に「ユースケース図」を見てもらうと、購入者は「車の購入」ができ、購入者の「顧客情報等」がシステムによって管理され「管理者」が確認する事が出来ることが分かる思います。 なお、今回は簡易的に書きましたが、「購入キャンセル」、在庫が無い場合の「車の発注」などなど機能を追加していってシステムと人との関連を分かりやすく図で記載できます。
さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事