MariaDB(InnoDB )高速チューニング設定

1 min 26 views

MariaDBを高速で処理させるには、いかにメモリ上にデータを展開させ、
キャッシュで返すかが大きな鍵になっています。
なお、このページではエンジンは「innodb」を前提に解説していきます。
そこで、今回は高速化に重要な設定を紹介します。

innodb_buffer_pool_size

この「innodb_buffer_pool_size」はデータをどれくらいメモリに展開するかのサイズです。
推奨設定は現在のDBサイズより大きいのが好ましいです。
DBサイズの確認方法は以下の記事で紹介しています。

DBサイズより多くすると、IOを見て頂くとわかりと思いますが、ディスクを参照しなくなります。

innodb_buffer_pool_size=3G

query_cache_size

同一のリクエストをキャッシュさせるメモリのサイズです。
物理メモリの容量によっても変動しますが、256M以上は確保しておくのがいいかと思います。

query_cache_size=256M


まとめ

いかがでしたでしょうか、DBはメモリから返すとかなりの速度が発揮できるので、できる限りメモリ上に展開しましょう。

さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事