Java ボタン配置(イベント処理)

1 min 18 views

●AWTを使用してのボタンを配置
ボタンが押されたからカウントを+1してその値を表示するプログラムです。
イベントを処理するには「リスナー」と呼ばれる物を使用します。

BorderLayoutのボタンの配置名

NORTH
WEST CENTER EAST
SOUTH

使用例

import java.awt.*;
import java.awt.event.*;

public class Botan extends Frame{
    int a;
    public static void main(String[] args) {
        Botan f = new Botan();
        f.setSize(100, 100);
        Button myb;
        myb=new Button("ボタンA");
        f.add(myb, BorderLayout.NORTH);

        f.setVisible(true);
        f.addWindowListener(new Ad());

    }
    public boolean action(Event e,Object o){
        if(o.equals("ボタンA")){
         //ボタンAが押されたときの処理
            a++;
         }
         repaint();
         return true;
    }

    public void paint(Graphics g)
    {
        g.drawString(a+"回",50,70);
    }
}
class Ad extends WindowAdapter
{
    public void windowClosing(WindowEvent e){
       System.exit(0);
    }
}

さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事