Java 奇数、偶数の判定

1 min 40 views

奇数、偶数を判定する方法です。
2で割って余りがなければ偶数、余りがあれば奇数という考え方です。

import java.io.BufferedReader;
import java.io.IOException;
import java.io.InputStreamReader;
 
public class kisuu {
    public static void main(String[] args) throws IOException{
        BufferedReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
 
        int in = 0;
 
        in = Integer.parseInt(br.readLine());
 
        if(in%2==0){
            System.out.println("偶数です");
        }else{
             System.out.println("奇数です");                         
        }
    }
}

実行結果

2            入力 
偶数です   出力Copy

さすけ

さすけ

インフラエンジニアとして数々の大手サーバーを構築を実施し、現在はWebサーバーの構築、サイト作成を中心に活躍しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事